冷凍自販機の卸商品です。ど冷えもん対応の商品パネル付き。冷凍商品の仕入れの事ならどこでもシェフまで

シェフ

大阪吹田 中華料理店 温故知新

業界紙 旭川屋出版の近代食堂、テレビ取材などから声がかかるなど創作的な中華料理をつくるシェフさんです。 黒酢のトンポーロや、まぜそばなどオリジナルな料理を作られています。どこでもシェフも参画しております。

料理について

肉厚のある上質な豚カルビを使い味噌ダレで焼いておりますので、

味噌ダレの焦げた味が、抜群に美味しい豚カルビ丼です。

ご飯の量は、200g以上ありますので、満足頂ける量ではないかと思います。

簡単に調理出来るようになっており、容器のまま温めて食べることが可能です。

内容量:総重量330g(豚肉約90g 米210g キムチなど10g)

シェフからお召し上がり方について

電子レンジで 500w 7~8分程度で完成します。簡単調理となっています。

(もし、上記の時間だけでは温めが不足の場合は、追加で温めの程 宜しくお願いします。)

冷凍自販機(ど冷えもん)オーナー様向け情報

ど冷えもんにぴったりな商品なので、冷凍自販機向け冷凍食品をすぐにお使え頂けます。

飲食店の美味しいメニューが、仕入れてすぐに販売可能、そして初期に必要な冷凍自販機の商品パネルも提供可能なので導入がスムーズに行えます。新しい冷凍食品をお探しならお試しください。

どこでもシェフの冷凍商品ポイントは、ツインコラムの半分サイズで商品サイズを実現しており、最大10アイテムまで搭載可能となり 冷凍自販機のメニュー数を増やしたいオーナー様には必見となります。